看護師の転職なび

看護師の勤務実態

看護師には、正看護師と准看護師の資格に分けられます。正看護師は国家資格を有し、准看護師は都道府県知事が交付する免許を有します。准看護師は、医師、歯科医師あるいは正看護師の指示に従い業務をおこなうものとされています。看護師以外にも、介護士や看護助手と看護部門だけでみると多くの職種で構成されています。 看護師は、チーム医療を必要とし、他医療従事者との連携によって勤務を行わなければなりません。また、法律の遵守も勤務上重要なことです。一例を挙げると、医療安全に対する対策は法律で定められています。 看護師の勤務の中では、十分な対策を行っても医療事故やミスはゼロにはなりません。医師の指示や処方箋に書かれた薬品の取り扱いミス等、個人の思い込みや判断ミスあるいは連携ミスによって起こることもあります。医療技術が進む中、不慣れな電子化、ジェネッリック薬品の増加など、間違いやすい環境に課せられていることは看護師の実情です。しかし、ミスをなくす為のシステム化や体制の見直し、教育体制等の向上は、医療技術向上と共に強化され続けているのも現状です。 これらの向上と勤務を両立するのは大変なことですが、患者の利益、個人の利益は大きなものを得ることができます。准看護師から正看護師の免許取得に励む者は非常に多いです。さらには正看護師において、専門科目で勤務し知識と経験を積むことで、専門資格を取得する者も多いのが現状です。

>管理人のおすすめ

>

© Copyright 看護師の転職なび All Rights Reseved.